環境破壊ストップに貢献!?



「自動車と排気ガスの問題について」
自動車から排出される二酸化炭素が大気汚染の原因になっています。
自動車のガソリン1リットルを消費するのに二酸化炭素約2.3kg排出されているのです。
家庭から排出される二酸化炭素については1/3が自動車から排出されるものといわれています。
二酸化炭素は車が走ると排出されますが、自動車を生産するときも二酸化炭素は発生しています。
自動車から排出される排気ガスの問題を各国でも深刻な問題と受け止めて削減しようと努力しています。
日本では、自動車会社メーカーが生産の各段階で排出している二酸化炭素を削減しようと努力しています。
EUでは、削減数値の法案を提出するなど二酸化炭素削減に力をいれています。


「自動車の入れ替わりについて」
日本の新車登録車は年間約500万台と言われています。
反対に、廃車になった車は年間約100万台が海外に輸出され、約400万台がスクラップされるようです。
だいたい同等の台数でい入れ替わりがされているみたいです。


「二酸化炭素削減の為の取り組み」
自動車の台数が増えることは排気ガスの発生も増え環境にも悪影響をあたえます。
どんなに技術が向上しても自動車の台数が減らなければ温室効果ガスの削減にはなりません。
そのためにも自動車の削減に取り組むことが大事なように思います。
カーシェアリングのサービスを利用することは二酸化炭素削減の為の取り組みに効果があるのではないでしょうか。
環境のこと、経済的なことを考えてカーシェアリングの利用をこの機会に少しでも考えてみてはいかがでしょうか。



もっと知りたい!カーシェアリング豆知識

気になる記事ピックアップ

10年先のカーシェアリングは?
カーシェアリングの将来を知るには、カーシェアリングで先行している国や地域を知るのが一番です。ちなみに、ヨーロッパでは10年以上もの歴史を持った定着したシステムを見る事ができます。カーシェアリングは、1987年スイス.....

カーシェアリング一覧@青森県※ここは外せない
広島に車両ステーションがある、広島で利用できる、カーシェアリングを集めました。カーシェアリングもしっかり選んで利用しましょう。.....

家庭だけじゃなく事業所も
カーシェアリングの利用でメリットがあるのは一般家庭だけではないです。むしろ事業所でカーシェアリングを利用することでコストの削減に成功する例もあるんだとか。費用だけでなく、事業所でのクルマの管理についても、案外煩わしい場合もあるので、カーシェアリングのシステムを利用するのも一つの手かもしれません。

シート調節
誰かが運転した後の車を運転するとき、シートやミラー類の調整が必要です。急いでいるときは、意外に面倒なこの一手間。でも安全運転のキホンになりますのでしっかりしたいです。ハンドルまで調整し直す人は少ないと思いますが、必要に応じてチェックです。出発前にきちんと調整が済んだら、シートベルトをしめていざ出発です。

コミューカ・カーシェアリング
▼コミューカの特徴▼マイカーなら必要な【ガソリン代】【駐車場代】【保険代】【車検代】などが不要【月2,000円の会費】と【15分当たり300円の料金】でクルマを利用できる(※20kmまで無料。以降+20円/1km)Webによ.....

こんなサービスある?要望に応える

なんだろな?カーシェアリングの入門

何が良いの?カーシェアリングを検討

注意?マナー?カーシェアリングの利用

どこにする?カーシェアリングいろいろ

近くにあるかな?カーシェアリング@地域

もっと知りたい!カーシェアリング豆知識

愛車を手放す方へ

サイトについて

| カーシェアリング3年落ち車買取り自動車保険節約5年10年超古い車買取り廃車

お問い合わせ

お問合せはコチラから≫

ランニング用スニーカー
Copyright © 2007-2013 初めてのカーシェアリング※上手に使おうカーシェアリング. All rights reserved