カーシェアリング 意義について



▼カーシェアリングとは?▼
カーシェアリングとは、レンタカーにも似てますが、いろいろ違いがあります。
サービスを提供する団体の会員になり、複数の会員で1台の車を共有するという画期的な形態です。
ちなみに、カーシェアリング利用者はマイカーを所有していません。


▼カーシェアリングの発祥は?▼
カーシェアリングはスイスで1987年に学生の間で始まったと言われています。
それが、2006年にはヨーロッパから世界18ヶ国で600都市、34万8千人が利用するまでの広がりました。
車両台数も11700台にまでなりました。


▼カーシェアリングの意義は?▼
*** 自動車による環境破壊への抑止 ***
自家用自動車の二酸化炭素の排出量は年間1トン近くあるといわれています。
カーシェアリングの利用が普及すれば自動車の台数が減り、地球温暖化を抑止できます。
また、地球のエネルギー消費量の削減にもなり、都市部の交通渋滞の緩和や自動車による事故の発生も緩和します。
更に、環境にやさしい設計で作られたハイブリッド車や電気自動車をカーシェアリングで利用することで環境破壊の抑止はもっと高まります。

*** 自動車所有者にとっては経費節減なる ***
カーシェアリングでは自動車取得費、維持費を会員全員で分担できるので、1人当たりの経費で考えるととてもお得です。
しかも、駐車場賃借料の削減にもつながります。
欧米では、会員約30人で車1台を共有しているようです。
そして、マイカーというと本来は資産ですが、カーシェアリングになると経費という考えになります。
カーシェアリングの場合、車を使用する前に使うべきなのか考えてから使うようになる習慣がつきます。
そして、自然と車の使用が少なくなり、上記で述べた環境破壊への抑止にもつながっていきます。



なんだろな?カーシェアリングの入門

気になる記事ピックアップ

環境破壊とカーシェアリングの関係
「自動車と排気ガスの問題について」自動車のガソリン1リットルを消費するのに二酸化炭素約2.3kg排出されているのです。二酸化炭素は車が走ると排出されますが、自動車を生産するときも二酸化炭素は発生しています。日本では、自動車会社メーカー.....

シート調節
誰かが運転した後の車を運転するとき、シートやミラー類の調整が必要です。急いでいるときは、意外に面倒なこの一手間。でも安全運転のキホンになりますのでしっかりしたいです。ハンドルまで調整し直す人は少ないと思いますが、必要に応じてチェックです。出発前にきちんと調整が済んだら、シートベルトをしめていざ出発です。

カーシェアリングの事例紹介
「日本各地のカーシェアリングの団体を紹介」*** 小型電気自動車共同利用システム(豊田市) ****** エコ・パークアンドライドプロジェク(厚木市) ***.....

カーシェアリングとは
▼カーシェアリングとは?▼前もって登録している会員のみが使用する自動車の貸し出しをするシステムです。▼カーシェアリングとレンタカーの違いは?▼カーシェアリングは前もって登録している会員のみが使用する自動車の.....

コミューカ・カーシェアリング
▼コミューカの特徴▼マイカーなら必要な【ガソリン代】【駐車場代】【保険代】【車検代】などが不要【月2,000円の会費】と【15分当たり300円の料金】でクルマを利用できる(※20kmまで無料。以降+20円/1km)Webによ.....

こんなサービスある?要望に応える

なんだろな?カーシェアリングの入門

何が良いの?カーシェアリングを検討

注意?マナー?カーシェアリングの利用

どこにする?カーシェアリングいろいろ

近くにあるかな?カーシェアリング@地域

もっと知りたい!カーシェアリング豆知識

愛車を手放す方へ

サイトについて

| カーシェアリング3年落ち車買取り自動車保険節約5年10年超古い車買取り廃車

お問い合わせ

お問合せはコチラから≫

ランニング用スニーカー
Copyright © 2007~ 初めてのカーシェアリング※上手に使おうカーシェアリング. All rights reserved