カーシェアリングの経緯



「カーシェアリングの日本での歴史 その1」
カーシェアリングはもともとスイスで1980年に誕生しました。
日本でカーシェアリングはここまで普及するまでには様々な背景がありました。
スイスで誕生してから19年間、日本には法律の制約の為になかなか叶わず、かなり遅れて1999年に経済産業省が実証実験から開始しました。
この法規制には「有償での車両の貸出には、有人の事務所で管理しなければいけない」というもので、明らかにレンタカーを想定したもので、カーシェアリングを行うには大きな障害となる規制でした。


「カーシェアリングの日本での歴史 その2」
2005年4月、時代も変わりカーシェアリングへのニーズも大きく育ち、同時に環境対策や技術の発達もあり、国土交通省の通知で特区認定を受けることができた地域なら無人の貸出の為のステーションが可能になりました。
その後、神奈川県、福岡県、広島県なども特区の申請を行い、都市部を中心にカーシェアリングのサービスがスタートしました。
特区のエリアも徐々に拡大し、最初は実験的な事業として補助金を受けていた団体も、民間事業へと移行していきました。


「カーシェアリングの日本での歴史 その3」
2006年7月からは特区の申請をしなくても無人管理により有償カーシェアリング事業ができるように規制が緩和されました。
オリックスやマツダ、トヨタなどの大手企業が現在参加しています。
時代とともにいろんなサービスが生まれ、今ではカーシェアリングも最長している産業の一つとなってきました。
これから益々、カーシェアリングの利用者は増えていくと思います。そうなってくると、料金体制から利便性などサービス全般においてのどんどん利用しやすくなることを期待したいですね。
私の住む地方では未だにカーシェアリングのサービスを受けることができませんが、近い未来、カーシェアリングのサービスが受けられることができたらうれしいです。
地方においても、セカンドカーの代わりにカーシェアリングを利用するなど、利用者が使い方に慣れてくれば、かなり便利になると思います。



もっと知りたい!カーシェアリング豆知識

気になる記事ピックアップ

カーシェアリングの背景事情
▼最近の車事情は?▼ガソリン高と物価高騰の影響を受けて、マイカー離れが人々の間で進んでいます。そして、購入費用(ローン金利含む)、車検代、自動車税、タイヤ交換、自動車保険、消耗品交換代、駐車場代、ガソリン代といった.....

環境破壊とカーシェアリングの関係
「自動車と排気ガスの問題について」自動車のガソリン1リットルを消費するのに二酸化炭素約2.3kg排出されているのです。二酸化炭素は車が走ると排出されますが、自動車を生産するときも二酸化炭素は発生しています。日本では、自動車会社メーカー.....

シート調節
誰かが運転した後の車を運転するとき、シートやミラー類の調整が必要です。急いでいるときは、意外に面倒なこの一手間。でも安全運転のキホンになりますのでしっかりしたいです。ハンドルまで調整し直す人は少ないと思いますが、必要に応じてチェックです。出発前にきちんと調整が済んだら、シートベルトをしめていざ出発です。

コミューカ・カーシェアリング
▼コミューカの特徴▼マイカーなら必要な【ガソリン代】【駐車場代】【保険代】【車検代】などが不要【月2,000円の会費】と【15分当たり300円の料金】でクルマを利用できる(※20kmまで無料。以降+20円/1km)Webによ.....

カーシェアリングの事例紹介
「日本各地のカーシェアリングの団体を紹介」*** 小型電気自動車共同利用システム(豊田市) ****** エコ・パークアンドライドプロジェク(厚木市) ***.....

こんなサービスある?要望に応える

なんだろな?カーシェアリングの入門

何が良いの?カーシェアリングを検討

注意?マナー?カーシェアリングの利用

どこにする?カーシェアリングいろいろ

近くにあるかな?カーシェアリング@地域

もっと知りたい!カーシェアリング豆知識

愛車を手放す方へ

サイトについて

フィリピンと英語・英会話についてフィリピンと英語・英会話のことのさんこうに.
| カーシェアリング3年落ち車買取り自動車保険節約5年10年超古い車買取り廃車

お問い合わせ

お問合せはコチラから≫

ランニング用スニーカー
Copyright © 2007~ 初めてのカーシェアリング※上手に使おうカーシェアリング. All rights reserved