カーシェアリングこれからどうなる?



カーシェアリングの将来を知るには、カーシェアリングで先行している国や地域を知るのが一番です。ちなみに、ヨーロッパでは10年以上もの歴史を持った定着したシステムを見る事ができます。


「カーシェアリングの歴史」
カーシェアリングは、1987年スイスで、学生が始めたのがきっかけとなって始まりました。
そして、カーシェアリングのシステムはヨーロッパ全土に広がっていきました。
広がった理由として、ヨーロッパは土地の不足、コストが高い、環境の先進国であった事と、シェアするという事に抵抗がない人が多かったという、最も適した環境にあった為にスムーズに導入できたようです。
そして、ヨーロッパからアメリカ、カナダへと広がっていきました。
アメリカやカナダもヨーロッパと同様にシェアするという言葉に抵抗がなく合理的な考えが定着している国でありました。
いまでは、ヨーヨッパや欧米では、カーシェアリングのシステムが定着しています。


「ドイツとカーシェアリング」
ドイツのカーシェアリング事情を見てみると、現在230都市以上で利用できるようになってます。
会員数も4万人以上。
ドイツは自動車先進国であり、環境をもっとも大切にしている国でもあることが、カーシェアリングが普及した要因でしょう。


「日本とカーシェアリング」
日本ではカーシェアリングの実験開始から10年も経っておらず、まだまだシェアという言葉が馴染めないことなので仕方ないかもしれませんが、今は様々な事に挑戦してみても良い時代ではないでしょうか。
実は、今ではカーシェアリングが定着している欧米でカーシェアリングの普及には日本の企業が関わっているのです。
カーシェアリングで用意されている車は2種類程度ですが、いつかきっと車種の選択ができることを期待して楽しみにしていたいと思います。



もっと知りたい!カーシェアリング豆知識

気になる記事ピックアップ

10年先のカーシェアリングは?
カーシェアリングの将来を知るには、カーシェアリングで先行している国や地域を知るのが一番です。ちなみに、ヨーロッパでは10年以上もの歴史を持った定着したシステムを見る事ができます。カーシェアリングは、1987年スイス.....

カーシェアリング一覧@青森県※ここは外せない
広島に車両ステーションがある、広島で利用できる、カーシェアリングを集めました。カーシェアリングもしっかり選んで利用しましょう。.....

家庭だけじゃなく事業所も
カーシェアリングの利用でメリットがあるのは一般家庭だけではないです。むしろ事業所でカーシェアリングを利用することでコストの削減に成功する例もあるんだとか。費用だけでなく、事業所でのクルマの管理についても、案外煩わしい場合もあるので、カーシェアリングのシステムを利用するのも一つの手かもしれません。

シート調節
誰かが運転した後の車を運転するとき、シートやミラー類の調整が必要です。急いでいるときは、意外に面倒なこの一手間。でも安全運転のキホンになりますのでしっかりしたいです。ハンドルまで調整し直す人は少ないと思いますが、必要に応じてチェックです。出発前にきちんと調整が済んだら、シートベルトをしめていざ出発です。

コミューカ・カーシェアリング
▼コミューカの特徴▼マイカーなら必要な【ガソリン代】【駐車場代】【保険代】【車検代】などが不要【月2,000円の会費】と【15分当たり300円の料金】でクルマを利用できる(※20kmまで無料。以降+20円/1km)Webによ.....

こんなサービスある?要望に応える

なんだろな?カーシェアリングの入門

何が良いの?カーシェアリングを検討

注意?マナー?カーシェアリングの利用

どこにする?カーシェアリングいろいろ

近くにあるかな?カーシェアリング@地域

もっと知りたい!カーシェアリング豆知識

愛車を手放す方へ

サイトについて

| カーシェアリング3年落ち車買取り自動車保険節約5年10年超古い車買取り廃車

お問い合わせ

お問合せはコチラから≫

ランニング用スニーカー
Copyright © 2007~ 初めてのカーシェアリング※上手に使おうカーシェアリング. All rights reserved