カーシェアリングこれからどうなる?



カーシェアリングの将来を知るには、カーシェアリングで先行している国や地域を知るのが一番です。ちなみに、ヨーロッパでは10年以上もの歴史を持った定着したシステムを見る事ができます。


「カーシェアリングの歴史」
カーシェアリングは、1987年スイスで、学生が始めたのがきっかけとなって始まりました。
そして、カーシェアリングのシステムはヨーロッパ全土に広がっていきました。
広がった理由として、ヨーロッパは土地の不足、コストが高い、環境の先進国であった事と、シェアするという事に抵抗がない人が多かったという、最も適した環境にあった為にスムーズに導入できたようです。
そして、ヨーロッパからアメリカ、カナダへと広がっていきました。
アメリカやカナダもヨーロッパと同様にシェアするという言葉に抵抗がなく合理的な考えが定着している国でありました。
いまでは、ヨーヨッパや欧米では、カーシェアリングのシステムが定着しています。


「ドイツとカーシェアリング」
ドイツのカーシェアリング事情を見てみると、現在230都市以上で利用できるようになってます。
会員数も4万人以上。
ドイツは自動車先進国であり、環境をもっとも大切にしている国でもあることが、カーシェアリングが普及した要因でしょう。


「日本とカーシェアリング」
日本ではカーシェアリングの実験開始から10年も経っておらず、まだまだシェアという言葉が馴染めないことなので仕方ないかもしれませんが、今は様々な事に挑戦してみても良い時代ではないでしょうか。
実は、今ではカーシェアリングが定着している欧米でカーシェアリングの普及には日本の企業が関わっているのです。
カーシェアリングで用意されている車は2種類程度ですが、いつかきっと車種の選択ができることを期待して楽しみにしていたいと思います。



もっと知りたい!カーシェアリング豆知識

気になる記事ピックアップ

運転と慣れ
いつも同じ車に乗っていて、たまに違う車に乗ると、違和感を感じます。微妙に操作するものの配置などが違いますからね。シフトレバーが違うタイプだと、かなり戸惑うこともあります。とはいえ、慣れるまでの少しの時間です。慣れてしまえば、だんだんそれが当たり前になります。

走行性能
自動車は快適なドライブのためさまざまな機能が増えています。でももともと本分は走ること。だから走行性能あってこその自動車です。駆動や操作性など走りやすい車は乗っていて楽しいです。加速や減速、シフトチェンジやハンドリングも楽しめる車に乗りたいです。

カーシェアリングの社会的効果
「カーシェアリングに期待される社会的な効果は?」なぜカーシェアリングがもてはやされるのか?その理由を探ります。カーシェアリングでは、一台の車を10人~30人程の人数で共有します。意外に大人数だと思いませんか? つま.....

マイカーを見直す
▼マイカーの所有台数について▼自動車がこの世の中に溢れています。ちなみに、平成15年の調査によると日本全国の自動車台数は7800万台。その中でマイカーは5500万台。北陸、北関東、長野、岐阜においては、一世帯の中でマイカーが2台以上あ.....

マンションのカーシェア
マンションのカーシェアリングって使い勝手が嬉しいです。普通のカーシェアリングの場合、車を取りに行ったり、返しに行ったりする手間があります。ところが、マンションンのカーシェアリングの場合その手間が省けるので、すごく相性が良いです。マンション側も駐車場を減らせるなどのメリットもあってすばらしい関係です。

こんなサービスある?要望に応える

なんだろな?カーシェアリングの入門

何が良いの?カーシェアリングを検討

注意?マナー?カーシェアリングの利用

どこにする?カーシェアリングいろいろ

近くにあるかな?カーシェアリング@地域

もっと知りたい!カーシェアリング豆知識

愛車を手放す方へ

サイトについて

| カーシェアリング3年落ち車買取り自動車保険節約5年10年超古い車買取り廃車

お問い合わせ

お問合せはコチラから≫

ランニング用スニーカー
Copyright © 2007~ 初めてのカーシェアリング※上手に使おうカーシェアリング. All rights reserved